« oktober 2005 | Hoofdmenu | februari 2006 »

31-1-06

叉焼対角煮


ふと、こんな話題になった。

叉焼と角煮、食べたいのはどっち!?


まじで、某番組である。


うーん。俺は叉焼!

角煮は重いんだよね。

同じ素材を使って、違う料理になる。違うけどにている。

叉焼のあのとろとろ具合がいいんだよね。

角煮もとろとろだけどさ。

叉焼っていいんだよ。

| | Reacties (2) | TrackBack (0)

17-1-06

新春だな

ここ数日暖かい。

気が緩みがち(寒くても変わらないか…)。

先日琵琶湖に釣りに釣れてってもらいました。会社の先輩についていったんだが、楽しいな釣りって!

朝の六時から釣り始めて、11時くらいまでやってたけど、楽しくて時間の過ぎるのを忘れてしまった。

久しぶりに開けた空を見た。

朝日もすばらしかったし、ただ水面に糸を垂らしているだけなんだけど、そんな時間が貴かった。

東京はよく、ビルがたくさんあって空が狭いというが、京都の方がもっと狭いと思う。

ビル自体はそんな低くないけども、盆地故になんか閉塞感がある。

それが嫌で嫌で、朝方仕事にいくときとかに、憂鬱になることがある。

あと二ヶ月もすれば京都に来て一年もたつというのに、まったくそんなところは慣れないのです。

| | Reacties (2) | TrackBack (0)

9-1-06

新年になったし…

とても長い間、更新を怠っていた…。そのわりに、感覚としては短かったように思う。
よく行く周囲のブログなんかでもこの癖があるようで、11月とかはざらのよう。よかった自分だけじゃないと思ってるが、まぁ気休め。

暮れも新年も成人の日も過ぎて、正月気分もだいぶ抜け、年度の終わりの繁忙期が近づいている。

商売相手の予算編成の都合か、年度末が戦争らしい。そんなことはまだ一年目にはわからないので、休日ものんびりしたもんだ。

先日、大阪のナポリ料理屋に行った。

感動的なうまさ。自分で働いてうまいものを食べるって、とても働いた甲斐があるなぁと思う。店の場所は肥後橋駅の近く。古い友人の旦那様(予定)が働いてらっしゃる。東京から来たら是非連れて行きたいところ。そのうち、東京にも店を出すというが、数年先らしいのでまだまだ。大阪限定のようだ。この店年中無休なのだが、そんなところが、「気まぐれで休みますよ」って言っているようで、イタリアっぽい。

店にはいると、まわりはお金を持っていそうな大人ばかり。事前に「ナポリ料理は、そんな畏まるような場で食べるものじゃないから、ひたすら食え!」と言われなければ、背筋を伸ばして食っただろう。

そんなもんだから、言われたとおりがっついた!魚の煮たのなんて本当においしい。塩と油の料理と言っていただけあって、たしかにしょっぱい。しょっぱいとうまいの間くらいかな。手で骨までしゃぶらさせていただきました。

おかげで、帰り際にシェフに「早かったな!!」と言われてしまった。

んだけど、綺麗に皿の残りのソースまでいただきました。また行きたい。

話変わって、(予定)というのは、結婚を控えているから。

昨年はこの関連でいろいろと驚かされた。

中学の友達は、大学で子供ができて、もう一歳になるそうだ。これからさらに、院にいこうというから、まるでマスターキートン。そんな話をトンカツのかつくらで聞いたもんだから、ほかのお客さんをびっくりさせてしまったよ。申し訳ない…。

すごいね、結婚って。勢いでできちゃうものでもないし(自分はね…)、どういったきっかけなんかね。個人的にはお金をすごく意識しちゃうけどね。独身だったら(そうじゃない場合もあるだろうけど)、自分の手の届く範囲の経済を循環させればうまくいくだろう。結婚したら二人分以上に、もっと増える可能性もある。

なんかのCMで「幸せになる覚悟はできている」って言ってたけど、そういうのってあるよなぁと思ったわ。

がんばって働こ…。

さてさて今年の浦和レッズ!

天皇杯は東京に帰っていたので、大画面で観戦できました!京都にいても、NHKだからもちろんみられただろうけど、なんか京都にいるより傍にいる感じがしてよかった!

マリッチ、残念すぎるな。メールを書いたんだけど、彼には届いただろうか。彼の地での活躍を祈っています。

あとはゼロックスカップとACLだな。ACLはまだ先だけど。つーか、ゼロカップをやってすぐまた開幕戦でG大阪と当たるんだよな。なんか変な感じ。これは万博だから見に行きたいんだけど、仕事が…。金はあるのに仕事が…。
くそー!!学生の時とはまた別の理由で見に行けない…。

今年も一緒にがんばろう浦和!

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

« oktober 2005 | Hoofdmenu | februari 2006 »