« 大切なもの | Hoofdmenu | 職人 »

21-5-07

沢登り

日の出のなんと早いことか。

そしてその素晴らしさと言ったら、たとえる言葉がない。

稲荷駅のベンチに朝早い電車を待っていたら、稲荷山の上にかぶった雲間から、刺すような朝陽が濡れたプラットフォームを照らしていた。

隣のおっさんがタバコさえ吸わなければ、もっといい朝だったけども、同じ喫煙者としてその気持ちが分からないでもない。

先輩が常々話していた、琵琶湖西の比良山の面白い話。

それにのっかって、連れて行ってもらった。
ちゃんと山に登るのは初めてだ。しかも、1200mの武奈ヶ岳にトライするのだ。

何が楽しかったって、沢登りほど楽しいものはなかった。
小雨がおちていたけど、葉を広げ始めたブナが傘になって、気持ちが折れるどころか、疲労感を感じない。

冷たい空気だけど、湿っていて、本当に肺で息をしているのがわかるように、瑞々しさを感じる。

水は少し増していて勢いがあり、スギゴケやシダの初々しい緑をさらに輝かせている。

バシャバシャ音をたてながら、沢を登る。

深みにはいれるほど、本格的にできるほどの装備ではなかったので、大きな岩を飛び石にして、ずんずん進む。

どこに足をつこうか、手をつこうか。

こんなことだけを考えられることは、それこそ無上の幸せだ。

端から見たら、気持ち悪い顔をして笑っていただろう。

だって楽しいのだ。

Dsc037381

雲が近い!

|

« 大切なもの | Hoofdmenu | 職人 »

Reacties

Laat een reactie achter



(Niet getoond bij de reactie.)




TrackBack

TrackBack URL van dit bericht:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37024/15156293

Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 沢登り:

» chubby lesbians [chubby lesbians]
沢登り [Meer lezen]

Getracked op 2-8-07 om 21:40

« 大切なもの | Hoofdmenu | 職人 »