« 上司と喧嘩をしました | Hoofdmenu | 沢登り »

19-5-07

大切なもの

働きだしてから、わかったことがあります。

多摩にいる頃はそれが自然だったし、当たり前のことだったから、よく目に見えなかったのだろう。

ありきたりなことなんだけど、本当にそのようだ。

Dsc03691_1

気持ちのいい段々畑。山から流れてくる水をどのように管理しているのかわからないけれど、文字通り段々と流れていく。いつも水の流れる音がする。用水みたいな大きな流れと、小さなせせらぎと。

Dsc03702_1


中山道の石畳を、前の日の夜に振った雨が濡らし、少し遅めに咲いた桜の花が、彩りを添えていた。

|

« 上司と喧嘩をしました | Hoofdmenu | 沢登り »

Reacties

夷隅はいかがでしたか?

暑いくらい天気もよかったし、
気持ちがいい休日が過ごせたのではないでしょうか?
暑さにやられて、体調を崩してなければいいけれど。

建具は大丈夫だった?

萌葱も好きですが、浅黄もいいよねぇ。
自分で臆病だと思うから、色々な新しいことをするのは、
何時も冒険のようです。

最近読んだ本で好きな一節がありました。

「何かを始めるときの自分が、一番臆病で、そして一番勇敢だ。」

Geplaatst door: ねずみ | 28-5-07 om 22:07

う・・・急激に水をやったような・・・。
大丈夫でありますように。
今度障子張りをしなくっちゃ。
夏までに間に合わせないといけないんだ。

萌葱色、きれいだよね。
日本の昔の色は、色見本でしかじっくりみたことないけれど
とても深みがあって好きです。
さらに、名前も素敵なので好き。

冒険か。
最近出かけていないです。
体調が万全でないのと体力が落ちてしまったのとで全く。
また、もう少したったら、出かけていきたいと
思うようになるかな。

でも、日記を読んでいて、山に登りたくなったよ。
苔にさわりたい。

Geplaatst door: fuki | 23-5-07 om 21:45

ありがとう。
とてもいいところだったよ。岐阜と長野の県境。
恵那山の麓です。

夷隅がどんなところなのか、知りたいね。
素直で慎み深い家があるのでしょう。

表具をしているのに、こんなことを言うのは拙いのかもしれないけど、ギラギラした金地の金襴はどうしても好きになれないのです。

萌葱地の銀欄が一番好きです。

自分にとって冒険とは、前にFKが言っていた、一人旅に不安と喜びを感じることと同意な気がします。

でも、最後にはワクワクが勝つのだけど。

建具は急激に水をやらなければ、大丈夫だよ。

Geplaatst door: ねずみ | 22-5-07 om 21:52

なんだか森のにおいがしてきそうな写真だね。
私はまた来週いすみに行きます。
古民家を見るのが楽しみです。裏山の探検にも行きます。
家のまわりには江戸時代に使っていた堰などもあるようで
探検という言葉にわくわくしてるんだ。
でも、建具が縮んでないか心配です。

Geplaatst door: FK | 21-5-07 om 22:32

Laat een reactie achter



(Niet getoond bij de reactie.)




TrackBack

TrackBack URL van dit bericht:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37024/15129475

Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 大切なもの:

« 上司と喧嘩をしました | Hoofdmenu | 沢登り »