« 沢登り | Hoofdmenu | 鍋 »

9-6-07

職人

手仕事という言葉に、不愉快な心持ちをさせられることがある。

勘違いをされていることもあるかと思う。

その一つが、和紙にある。

和紙は楮や三椏や雁皮などの食物繊維を、トロロアオイというネリ(繊維同士をくっつけるもの)と水を混ぜて、漉いたものだ。

一枚ずつ漉いて、乾燥機にかけたり、天日干しにしたりして、一枚の紙にする。大きな物や小さな物も。

手漉き和紙は一つのブランドの必要条件の一つだけど、それを勘違いしないで欲しい。

「手漉き和紙だから、それぞれ個性があって、一枚と同じ物がない」と決して言わないで欲しい。

微々たる差はもちろんあるし、それが味になるのかもしれない。実際に同じ重さとされる紙を、さらに選別するのは大事な仕事なので、そういうことがあるのは分かっている。

だけど、和紙職人は同じ重さや厚さや風合いや手触りを目指しているのだ。

そうでなければ、紙屋から紙を買って使う職業の人はやっていけないのだ。

手仕事をなめんな!

|

« 沢登り | Hoofdmenu | 鍋 »

Reacties

Laat een reactie achter



(Niet getoond bij de reactie.)




TrackBack

TrackBack URL van dit bericht:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37024/15363391

Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 職人:

« 沢登り | Hoofdmenu | 鍋 »