22-1-07

また眠れない

Bobtheband

「Before The Flood」Bob Dylan

かっこいいもんだから・・・。

Bob DylanとThe Bandのライブ。ジャケットもいいし、ボーカルが本当に彼なのかと思った。ロックだ。

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

18-6-06

この腑抜け野朗

            腑抜け野朗の三ヶ月

       Sa270032
                             奈良に春が来た。この日、じいちゃんは逝った。

                   Dsc03105
         時計を修理した。

   Dsc03001
                                                中国に行った。

                 Dsc03095
  トムとジェリーをみた。

         Dsc03123
                       プロジェクターを買った。

Sa270033_1
                                              梅雨がきた。この日、秋は逝った。

                  Sa270040_1
     とてもきれいな空をみた。

     Pa0_0006
                         黒い猫がいた。

            Pa0_0007
     誰かが泥団子を作っていた。

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

15-8-05

deep purple

 音楽を耳にした頃から、その曲を作った人はずっと昔の人か、それにくらべると最近死んだ人ばかりだった。

いなくならなくても、もうピークを過ぎて顔見せ興行的にツアーをする人だった。

初めて自分の所有物となったCDは、エルビスでこの人もタイムリーにきいたことがない人。

oasisはいまも新しいアルバムをだしているけど、なんかぱっとしないし、日本で好きだなと思っているくるりも最初のアルバムのように鋭い刃のような切れ味が無いと思う。カサビアンもいいかとおもうけど、すぐに乗れない感じがする。これは自分の性格かもね。

芸術の善し悪しは、好きな人がいかに多いかに基本的に左右されるし、すごく流動的で相対的な価値判断がされるんじゃないかと思う。

だから、なにをいっても個人的な見解の域を出ないし、なんだって好きだったらそれでいいんだと思う。

だけども、やっぱ好きな音楽を作って、それが生まれた瞬間と同じ時間を共有して、それが自分で意識されているのは、とても幸せなことだと思う。

今年の都市型ロックフェスには、deep purpleというバンドがでたようだ。

とても好きだったのに、それを知ったのはもうステージが終わったときで、なんとも言えない気分だったんだけど、やっぱり見に行きたかった。

どんな演奏をしたかはわからないけど、往年のすばらしさは出たのだろうか。ライブインジャパンは超えたのかな。

TVでやんないかなぁ~。

| | Reacties (3) | TrackBack (0)

29-10-04

Travisの新曲を聴いてみた

 昼間、卒論に飽きたのでTravisの新曲であるWaliking in the sunを試聴してみた。

 もちろん、公式HPなのでフルPV付きである。

 しかし…ぷちぷち切れる…。

 とりあえず、試(視)聴出来た部分だけみたのだ。

 出だしから…痛い…。

 フランシスさん落ちてきたよ…。受け身取ろうよ!ってそういう話じゃないか…。

 車がぶつかったり、ナイフが飛んできたり(ココはよくわからなかったので飛んできたかは不明。壁に刺さってたけど…)、ダークサイドの人(シス!?シャレか…?フランシス…シス…)にビビビッてやられたり…。

 結局、フランもビビビッ(元某アイドルじゃないよ?)を出して、ダークサイドの人を倒していた。まるでロープレ。

 しかし、歌詞が分からん。公式HPにもまだ出していない。

 ネットでコソコソと捜してみた。これはリンクするのいけないのかな…。どうなんだろう?著作権。
 
 うーん…。いいのかな…?

 いいという事にして…ココですわ。

 本国で出てるんだから、いいだろう…。日本は厳しいからなぁ。JASRACが…。

 そういえばiTunesがバージョンアップしました。どこがよくなったのかはまだ見てないが、とりあえずiPodPhotoの関係だろうか。一応入れてみた…。

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

27-10-04

色々なことがありすぎて頭が混乱する

新潟では余震がつづく

 余震が何度も続き、東京も威圧されているようだ。亡くなった方も多い中、小さな子供だけでも助かって本当に良かったと思う。気象庁の予想は今日から四日間以内での震度6弱および強の余震発生率を10%とした。徐々に減ってはいたが、これからどうなるのだろう。

イラクでは拘束人質事件が発生

 イラクではすでに外務省の方が殺された。春には今回と似たような事件があった。今回の方は田舎が一緒だ。大字を聞かされて、とても驚いた。拘束された方への批判や評価は事件が解決して、全容が分かってからでもいい。最悪の事態にならない事を祈りたい。

イギリスではTravisがニューアルバム

 ニューアルバムといってもシングル集だから特に興味はないが、今日CD屋で見るまで知らなかった。アンテナの感度が低い。
 We’re pleased to exclusively announce the release of Travis: Singles, a collection of all their singles to date, plus a new DVD, both set for UK release on November 1st. International release dates to be confirmed.

The album features a brand new track, "Walking In The Sun", produced and mixed by long time collaborators Mike Hedges and Nigel Godrich. This will be released as a single in advance of the album on October 18th.
 だそうだ。

鹿島ではあのサポーターを出入り禁止

 「あの」といっても特定の有名な人物を指してはいない、前節の乱闘騒ぎの当事者をクラブが次の試合での入場を禁じた。サッカー専門誌はどこもこの事件については触れていない、来週には出るだろうか。これからのJリーグの試合に微妙な変化をもたらすかも知れない。

アメリカではApple社がiPodのニューバージョンを発表
 
 今度は液晶がカラー化されて、画像が見られるそうだ。その名もiPod Photo。色々とアイデアがあるなと感心してしまう。それにしてもHDD音楽プレイヤーのシェアは92%にまでなったのかと思うと感慨深い(調査方法と対象が不明だが、これに近い値は出て来るように思う)。外を歩いていて、一日に何人かはiPodを持った人を見るようになった。

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

26-10-04

クリストファーさん脱退fromくるり

 驚いた。

 何がって、かなり早いですから。去年ですから、入ったの。

 二度、ライブで見たけど面白い人だった。ドラムが壊れてしまうんじゃないかというくらいの勢いで叩いていたなぁ。

 くるりのHPには「音楽の方向性の違い」とあったが、何とも言葉足らずで、よくわからない。

 「経緯」を書くと岸田氏は言うが、ありきたりな一言で片づけられていらっしゃる。

 ご自身もそれはよくわかっているのではないかと勝手に推察。

 なんでもオープンにすればいいわけでもないので、次のアルバムの出来に期待。

 クリストファー氏の今後にも。
 

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

25-9-04

くるり

 くるり、バンド名です。

 ふざけてますねー。なんぜ、くるり、なんでしょう。

 一応なんでかは知ってますけど、まぁいいや。前にTVで言ってたきがします、メンバー達が。

 でもステキな曲を書きますよ~。

 だけど、メンバーはみんなカラスなんですよ~。

 09190002.jpg
 「やっほ、ぼくクルリ!」

| | Reacties (1) | TrackBack (0)

12-9-04

iPod落下実験?!

 iPod(初期型5G)を落としちゃいました。

 実験みたいなもんです。

 小規模の落下は4回くらいかな?

 一番やばかったのは、自転車で走っている途中に落としたとき、もちろん下はコンクリート。

 凹みました。

 iPodが。

 ほんと。べこっと。

 そのあと2ヶ月くらい再生不能でしたよ。哀しかったあの時…。

 でもなんか、治ったんですよ。

 ある日。ふと。

 ファームウェア入れ直したら。HDDに物理的なショックは無かったのかな?不思議不思議…。

 今回も大丈夫でしょう…。

| | Reacties (0) | TrackBack (0)

7-9-04

iPodめ!

 今はないんですけど(いま捜してみた)、昔、iPodの大容量を形容してこのようなことを、公式に言ってました。

 「例えば、東京から九州まで行って帰ってきても同じ曲になる事はない。」(クリス・○プラー風だとI社になってしまう。)

 ほ~ん。それはまだiPodが出たてで、HDDに音楽を入れて聴くなんて、よく分からなかった頃でした。値段も今の20Gが5Gと同じという、高価な代物…。

 しかし、かっこいいじゃ~ん。ウィンドウズユーザーなのに欲しくなったのだ!

 んで、それをまだ使っているのです。今と違ってホントにくるくる動くので、楽しい…。うらー!!くるくるくる!!!

 まぁ話はそんな事じゃないんです。

 iPodを使い出して、そろそろ二年…。な、なんと!!

 apple社が嘘を付いていた事が判明!!!

 550曲もある(今じゃ少ないんだろうけど…)のに!シャッフルしてるのに!!

 20分で同じ曲が流れた!!!これはすごいのか?

 二年目にして初めての出来事に、一人でびっくり。

 DSC01623.jpg
 今日のネズミ。掃除をしたから活発化。  

| | Reacties (1) | TrackBack (0)

10-6-04

ベースギターを購入

 長く続かないという短所があります。

 A代表は筋トレ。三ヶ月から効果が出ると、バイト先の某有名体育系大学体育学部の先輩に言われたが、一月半が目安になって、すぼんでいく。

 サテライトには、読書かな。最近読んでいる物が学術書ばかりということもあり、目次を読んで必要なところをさらっとみて終わるというのが多い。最初から最後まで一字一句読んだ物など、数えるほどである。

 そんな人間がベースギターを友人から買った。
赤くて、重くて、フレットの幅が長くて、あまりにも初心者に向いてなさそうなベース。

しかし、ベースはかっこいい。
しかし、孤独である。ボーカルのような華はない。ギターのようにメロディーラインをやって、ソロがあるわけでもない。
しかし、つぎの小節に入るときに、ベースが拍子をとることがある。

 まさに、職人芸!すばらしい。一音こめる、職人魂。
陳腐な表現ながら、大いなる共感を呼ぶだろう。

 だが、なぜベース?
ここで公表するまでもないが、アコギ弾けん。コードよく覚えとらん。音符読めん。
三連符くらいに、たったったっと何も知らん。

 しかし、ベースがかっこいいのは知っている!
井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る!

 ごめんなさい、少し法螺をふきました。
がんばろう、ベース君。


| | Reacties (0) | TrackBack (0)